FC2ブログ
2018 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 02

fc2logo スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング参加中です★
ポチッと押してくれると励みになるのでお願いします(>_<)



にほんブログ村 美容ブログへ

にほんブログ村

Share (facebook)←ここからシェアしよう(^ω^*)



fc2logo 美肌の一番の敵、シミが出来てしまうメカニズムと正しい予防方法で美肌になろう!

kage

2013/05/27 (Mon)

5305783143_67bb19704e_b.jpg


「鏡よ鏡よ鏡さん、世界で一番美しいのはだぁれ?」

女性は誰だって、いつまでもキレイでいたいもの。
おばさんになっても、おばあさんになっても、若々しくキレイでいたい!

年齢を重ねてもキレイに見られる人たちに、共通点があることを皆さんはご存知ですか?
それはね、皆さんとっても“美肌”だということ!!

年齢を重ねても「いつまでも若々しくキレイ!」な女性たちは、み~んなくすみやシミのない美肌を持っているんです。
やはり、お肌のくすみやシミは“老化”を物語るんですね……。


■ シミがあるお肌は断然“老けて”みえる!

美肌の一番の敵、それはやっぱり『シミ』です!
若くても、普通に生活していても、いつの間にかシミは出来てしまっている……。

これは、なんでなのでしょうね?
シミって、なんで出来るの??

知っているようで知らない、シミのできるメカニズムについてご紹介していきますね!


■ なんでシミって出来るの?お肌の構造やシミが出来るメカニズムについて

健康なお肌の皮膚の色が一部だけ濃くなったもの、それをシミといいます。

皮膚を断面的に見ると、空気に触れる一番外側が「表皮」、その下の部分を「真皮」といいます。

表皮は角化細胞が分裂して新しい細胞が生まれ、徐々に水分を失ってかたちを変えながら上に押し上げられ、やがて脱落していく、いわゆる『ターンオーバー』を繰り返している部位です。

その表皮の下に、基底膜を隔てて、真皮があります。
真皮は、コラーゲンやヒアルロン酸などでできています。

表皮のなかで最も下にある角化細胞が生まれる層に、メラニン色素を作って角化細胞に与える役割を果たす細胞「メラノサイト」があります。

「メラニン色素」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

メラニン色素とは、角化細胞の核(遺伝子情報が含まれる大切な部分)を保護するためのもの。
そのため、メラノサイトが刺激を感知すると、角化細胞を守ろうとして、より多くのメラニン色素が作られるようになります。

特定のメラノサイトが何らかの原因で、メラニンをたくさん作るようになってしまうと、周囲の角化細胞には多くのメラニン色素が与えられるため、その部分だけが濃い色になってしまいます。

そう、これがシミです!

free-texture-coffee-stains-004.jpg

加齢とともにシミが増えるようになるのは、皮膚のターンオーバーの周期が長くなり、メラニン色素を持った古い細胞が皮膚の表面にとどまり、皮膚がくすんでシミが濃く見えてしまうからです。

古い細胞がいつまでもはがれ落ちないと、その下で生まれた新しい細胞が、上に上がっていけません。
すると、メラノサイトの近くにとどまる時間が長くなり、より多くのメラニン色素を受け取ってしまいます。

年を取るとシミが濃くなったり、増えたりするのはこのためです。


■ お肌のほくろやあざはシミとは違うの?

ほくろやあざも、皮膚の色が一部濃くなったものですが、こちらはメラニン色素ではなく、真皮に存在する、母斑細胞という色の濃い細胞が原因です。

多くは生まれたときから存在しますが、年齢や身体の部位に関係なく、突然できる可能性があるのが特徴です。

また、薄く小さいほくろが後からできた場合、シミとの見分けが難しい場合もあります。


■ シミを作らない!出来にくいお肌に導こう

表皮のターンオーバー(新陳代謝)を正常に保つことで、シミのできにくい肌へ導くことができます!

角化細胞(表皮の一番下にある細胞)にとってよい環境を整えてあげると、新しい細胞がスムーズに作られ始め、古い細胞はメラニン色素ごと排泄されるようになります。

新しい細胞の材料となるのは、タンパク質と脂質です。
また細胞が分裂するためには、ビタミンやミネラルも必要です。

真皮の主成分は細胞ではなく、コラーゲンやヒアルロン酸などですが、これらもタンパク質と糖質、脂質でできています。

バランスよく栄養を摂ることは、肌だけでなくカラダ全体にとっても基本です。
まずは、タンパク質を積極的に摂ることを意識しましょう!


■ 食生活を気にして、シミをゼロに!水とビタミンCを積極的に摂ろう!

カラダの中で起こるあらゆる代謝は、水分を使って行われています。
そのためキレイな水を十分に摂ることも欠かせません。

シミの主体であるメラニン色素から酸素を奪う(還元といいます)と、チロシンという色のない物質に変換できるため、できたシミを薄くすることができます。

還元作用を持つ代表的な物質はビタミンCです!
ビタミンCは喫煙やストレスなどで大量に消費され、体内に蓄積されないため、意識して多めに摂った方がシミには有効です。

kud0049-004.jpg


■ ターンオーバーを促す、お肌を保湿しながら良質な睡眠を

カラダのすべての細胞は、寝ている間に修復されます。

特に成長ホルモンが分泌され、カラダのメンテナンスが行われやすいのは、日付がかわる時間帯。
皮膚の細胞も例外ではないため、できるだけこの時間帯に睡眠をとるのがベストです。

また、皮膚に水分が十分にある状態の方が、角化細胞が分裂しやすいです。
寝ている間にお肌がずっと潤うよう、保湿される環境に整えておくことが大事です。

また、毎日のベースとなるお手入れに加えて、紫外線を多く浴びてしまった日にはビタミンCを多めに摂ったり、乾燥が気になる日にはパックをするなど、バリエーションを持たせることも有効です。

その日に受けたダメージは、その夜のうちに回復させることを意識して、ダメージの蓄積を防ぐように心がけると、美しい肌をキープしやすくなりますよ。


■ 絶対に後悔させません!使って欲しい美白化粧品NO.1

シミは一度出来てしまうと、もうどうにもならない……そう思われがちですよね。
けれど、シミは出てしまっても、かなり改善できる方法もあるんです!!

シミがまだないから大丈夫♪という人も油断は出来ないので、しっかりシミ対策しましょうね!!


>>今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白<<







(Photo:Dee Lau)





関連記事


人気ブログランキング参加中です★
ポチッと押してくれると励みになるのでお願いします(>_<)



にほんブログ村 美容ブログへ

にほんブログ村

Share (facebook)←ここからシェアしよう(^ω^*)



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。